top of page
  • Writer's picture野原 真麻

琉球王府儀式正装『ドゥジン』に寄せた想い





王国時代、士族女性が礼服として着用した琉球独特の衣裳に


「ドゥジン(胴衣)」


という着物に似た羽織があります。


本来の正装では、プリーツ状の巻きスカートを下から履き、

王国時代のセットアップ仕様で着用されていたいました。


南国沖縄の正装として機能的。


そしてきっと、そのなびきは目にする人にも涼しげだったのだろうなと想像してみたり。



琉球王国時代の琉球では、

祭祀行事が非常に重要視されており


王府の中はもちろん、各地域にも祭祀行事をつかさどるポジションが役職として管理されていました。



歴史に名を残すどころか、地位や役職を得て過ごせる女性はどれほど少なく、

また当時の人々は何を感じ生きてきたのだろう。


そんなことをふと思います。



人の多くは、歴史上に名前が残りません。


しかし、誰に知られずともその時々を懸命に生き、

何かを守りながら、多くのハードルを乗り越えてきた人々がいたこと。



今に生きる私たちは、私は、

現代の恩恵や課題のその双方の中で

本当は何に挑戦したいのかということ。



かつての琉球礼服ドゥジンからはそんなメッセージを感じます。





ここからは独り言ですが、


KizunaプロダクトのDujin。

見た目にはキャッチーでちょっと敷居が高いかな?という印象も持たれることも。



しかし、一度身に纏ってみるとなぜだか「自分らしくあろう」という気持ちが

腹に座ってくるのです。


これは私も最近発見した不思議。



そんなDujin開発へ向けた代表野原の想いは



「人生をハンドルするあなたへ」


「その人生の彩りや強さ・アイデンティティを信じて」



それぞれの地で挑戦する女性達へ

想いを込めたプロダクトの第一号です。





During the Kingdom period, aristocratic women wore a unique Ryukyuan garment called "Dujin" (胴衣) as formal attire. This garment, similar to a kimono, functioned as formal wear in tropical Okinawa. Traditionally, it was worn as part of a set with a pleated wrap skirt worn underneath. I imagine that its flowing fabric must have appeared refreshingly cool to onlookers.


In the Ryukyu Kingdom, ritual ceremonies were highly valued, with positions in charge of these ceremonies managed both within the royal government and in local regions.


I often think about how few women achieved recognition, status, or official positions, and what people felt and experienced back then. Most people's names are not recorded in history. However, there were those who lived each moment earnestly, overcoming many challenges and protecting something important, even if their efforts went unnoticed.


Living in the present, I wonder what we truly want to challenge ourselves with amid the benefits and issues of modern life. The traditional Ryukyuan formal wear, Dujin, conveys such a message to me.


Now, speaking to myself, the Dujin from the Kizuna product line may seem a bit intimidating or high-end at first glance. However, once you wear it, you inexplicably feel a sense of resolve to be true to yourself. This is something I've recently discovered.


The vision of our representative, Nohara, for the development of this Dujin is:


"To those who steer their own lives,

Believe in the vibrancy, strength, and identity of your life."


This product is our first offering, dedicated to women who challenge themselves in their respective fields.

24 views0 comments

Comments


bottom of page